読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどよい暮らし

一人暮らしの日常などを書いています

ひとり暮らしを実感すること

こんばんは。

最近、体調があまり思わしくなくて、
それに伴ってか気分も落ち込み気味。。

もうすぐGWで連休だし、頑張ろう!
ちなみに私は9連休ではありません。



さて、タイトルのお話です。

私はひとり暮らし5年目です。

そんな私が『ひとり暮らし』っぽいなぁと感じること(笑)を書きたいと思います。


私は27歳でひとり暮らしをするまで、実家に住んでいました。

実家は45㎡、2DKの賃貸アパートです。
ここに家族4人、大の大人。

もちろん、自分の部屋なんてないし、
寝るときは川の字。

六畳の和室の片側に箪笥を置いて、
布団を3枚敷いて寝ると、、つま先を伸ばすと箪笥に足が付くのですよ。

我が家はそこまで背が高い人もいないけど、小柄な人もいません。
1番小さい母が163cm。
1番大きい弟が173cm。
私は169cm。父は166cm。

この情報いらないな(^_^;)


よく、ミニマリスト?の方が、ご家族で50㎡程のお家に住まわれていて、『狭いけど、ものを持ちすぎなくてちょうどいい。』とおっしゃられているのを読んで、、

『うちより広いじゃないか〜!!』


と思っていました(笑)
嫌味とか悪口ではありませんよ^_^;


って、そういうことを言いたい訳じゃなくて。


同じ部屋に家族で寝ていたので、あまり夜更かしできませんでした。
特に母が眠りが浅い人で、しかもドア近くに寝ていたから、夜遅くに寝ると怒られました。
寝る時に母を跨がないといけないので。


でも、ひとり暮らしをしてからは、
遅くに寝ても注意されることがない(゚ω゚)

夜更かしできる!!
(自制が必要ですが)


ということが、ひとり暮らしを始めた時に実感したことでした。


そして最近、
今更ながらにひとり暮らしを実感する時があります。

それは、夕飯後に出かけるときです!

最近は日曜日に実家に行っていて、
実家から自宅に戻るのは夕方6時頃。

軽く夕飯を食べて、買い物に出かけることがあります。

夕飯を食べた後だから、余計な誘惑に惑わされないし、人も少なくなってきているので、快適です。


ひとり暮らしを始めた当初は、そんなに頻繁に実家に帰ることなんてなかったし、
実家に週一で通い始めてからも、都内に住んでいて実家まで1時間かけて通っていたので、帰りがけに買い物をする事はあっても、夕飯後に出かけるなんてなかったし、
なにより都内の家は周りが住宅地で暗く、夜に出歩きたくなかった。。

と言う事で、日曜日の夜に出かけることが多いです。
土曜日の時は見たいテレビが多くて、外に出る発想がなかった。


ぼーっとしながら、食料品とか、日用品とかを見ていると不思議と落ち着きます。
本屋さんで軽く立ち読みをしたりもします。


本当は家で落ち着いて考えごとが出来たらいいけれど、なぜか家では落ち着けなくて。
買い物といっても、たいしたものを買うわけではないので、考えごとに没頭できるのがいいのかも。

1時間ほどの時間がリフレッシュになっています。


最近、時間が足りなくって、、
頭の中が整理できてないのかな〜(T_T)

気になる。


実家にいるときは、夜に目的もなく出かけることなんて出来なかったので、こういった事にひとり暮らしを実感します。
『ちょっと、コンビニ行ってくる』とかもなかった。


なんだか、どうでもいい内容ですみません。
しかも、なんだか一般的な感想と違うような気がします。。
私、風邪やインフルエンザ程度の具合の悪さでは、1人で寂しいとか、心細いとか、思わないので。。


最後に。

先週見た桜。

鬱金桜と言うそうです。


では。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村